カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ
RSS
HOME > 複製絵画 > ルノアール
ルノアール  ムーラン ・ド ・ラ ・ギャラット Pierre Renoir


フランス中南部に生まれ、3歳の時に一家でパリに移住する。13歳で磁器の絵付職人となるが、産業革命の影響で、職人としての仕事を失うこととなる。 その後、失意の中ルノワールは画家を目指し始めた。エコール・デ・ボザール(官立美術学校)に入学。のちグレールのアトリエ(画塾)に入り、モネ、シスレー、バジールらと知り合っている。印象派展には第1回展から出品している。他の印象派の画家たちと同様、風景画も制作したが、特に人物を好んで描き、裸婦像、少女像などを得意とした。 1870年代から1880年代初頭にかけての作品は典型的な印象主義の作風によるもので、「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」(1876年)、「舟遊びの昼食」などがこの時期の代表作となる。 しかし、ルノワールは、1880年代前 半頃から、光の効果におぼれ形態を見失った印象派の技法に疑問を持ち始める。その後のイタリア旅行でラファエロらの古典に触れてからはこの懐疑はさらに深まり、特に1883年頃からの作品には新古典派の巨匠アングルの影響が顕著で、明快な形態、硬い輪郭線、冷たい色調が目立つようになる。 1890年代に入ると、ルノワール本来の暖かい色調が戻り、豊満なヌードを数多く描き 1898年頃から リューマチ性疾患に悩まされ、晩年は車椅子で制作を続けた。 ルノワールは日本にも早くから紹介され、その親しみやすい画風のためか愛好者も多い。また、多くの画家に直接・間接に影響を与えている。

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜40件 (全56件)  1/2ページ
1 2 次へ  最後へ

ルノアール【花束】F6

ルノアール【花束】F6

38,880円(税込)
ルノアール【読書】

ルノアール【読書】

9,720円(税込)
p_264

ルノアール【リンゴ】

64,800円(税込)
p_255

ルノアール【内緒話】

86,400円(税込)

1件〜40件 (全56件)  1/2ページ
1 2 次へ  最後へ